2000年10月19日

インビジブル

▼監督: ポール・バーホーベン
▼出演: エリザベス・シュー、ケビン・ベーコン、ジョシュ・ブローリン 他
▼英題: Hollow Man
▼公式サイト: http://www.invisible-jp.com/

軍事プロジェクトとして《透明人間》研究を続けていた秀才科学者が、
自らを実験体として透明人間になったが、元に戻れなくなった。
『誰の目にも映らない』体を手に入れた人間が、次第に理性や倫理を失っていく・・・。



人(この場合、男)が透明な体になった場合、何をしたいか・・・という自明なテーマを、
リアルな映像とタッチで描く、興味深い作品です。
理性を失った透明人間の恐ろしさ、残酷さをまざまざと見せつけられました。
スーパーマンとワンダーウーマンのジョークは面白かったですね(作品内では誰も笑わなかったけど)。


■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.10.18
■映画館: ワーナー広島(6)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年09月30日

U-571

▼監督: ジョナサン・モストウ
▼出演: マシュー・マコノヒー、ビル・パクストン、ハーベイ・カイテル 他
▼英題: U-571
▼公式サイト: http://www.u571.net/

第2次世界大戦下の大西洋。連合国海軍は、ドイツ軍の潜水艦《Uボート》に痛撃を浴び続けていた。
そんなとき、《U−571》(Uボート)の故障・漂流という情報を得る。
独潜水艦から《エニグマ》と呼ばれる暗号タイプライターを奪取すれば、戦況は一気に有利になる。
そして、上陸許可を得てパーティーに興じる老朽巡洋潜水艦、《S−33》に極秘命令が下った・・・。



歴史上、実際にあった『《エニグマ》奪還作戦』がモチーフの作品です。
実際のUボート内を再現したセットで、館内での生活や先頭地の人の動きなどがリアルに描写されています。
そして、敵艦からの爆雷攻撃を受ける際、ソナーによる音だけを頼りに敵の動きを察知し、
爆発を受けている間、恐怖を押し殺しながらひたすら耐えなければならない緊張感。
さらには次から次へと起こるトラブルやハプニング。逃げ場のない空間だからこそのスリルがあります。
有能な副長が、立派な艦長へと成長する、人間ドラマでもあり、見応えのある作品でした。

■満足度: ★★★★★
■鑑賞日: 2000.9.29
■映画館: ワーナー広島(6)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年09月16日

パーフェクト・ストーム

▼監督: ウォルフガング・ペーターゼン
▼出演: ジョージ・クルーニー、マーク・ウォールバーグ、ダイアン・レイン 他
▼英題: The Perfect Storm
▼公式サイト: 

実際に起こった大嵐の物語。
漁業会社のカジキ漁船、スランプ続きで漁獲量が落ち込む一方。
起死回生をはかるべく、いつもの猟場を越えて魚の宝庫へ向かった。
大漁に浮かれていたが、帰還ルートに3つの嵐が集合。前代未聞の大嵐となって待ち受けていた。
それを突破しようと試みるが・・・。



ほとんどドキュメンタリーなのですが、とても実話とは思えないような物語でした。
海の怖さ、自然の怖さを見せつけられるような、衝撃的な映像づくりで迫力満点。
一攫千金を夢見る漁師たちに立ちはだかる自然の猛威。家族のため、生活のために
命をはって出漁する、危険な職業なのですね、漁師って。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.9.15
■映画館: ワーナー広島(7)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年09月11日

ホワイトアウト

▼監督: 若松節朗
▼出演: 織田裕二、松嶋菜々子、石黒 賢、佐藤浩市 他
▼公式サイト: http://www.whiteout-movie.com/

雪深い山の奥にある巨大ダム。数名の運転員がここで働いていた。
この雪山で二重遭難事故があり、救助に向かった運転員の一人が命を落とした。
彼の婚約者だった千晶は、彼の愛した山、職場へ赴くことにするが、
そこは、容赦のないテロリストたちに狙われていた。そこで何が起こるのか・・・。



雪山での厳しいロケを敢行したそうで、迫力のある映像でした。
テロリストの容赦のない所業に戦慄しながら、雪山の恐ろしさ、ダムの重要さを
思い知らされました。だからといって、公共事業は見直さなければなりません(脱線(汗))
織田裕二扮する富樫が、一人でテロリストたちに立ち向かう様はスリリングで、
知らず知らずに白い闇の中へ引き込まれていくようでした。
次の展開が想像できなかったシーンが多く、面白かったです。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.9.10
■映画館: 広島宝塚(1)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年08月28日

エスカフローネ

▼監督: 赤根和樹
▼声の出演: 坂本真綾、関 智一 他
▼公式サイト: http://www.nifty.com/escaflowne/

元陸上部員の女子高生ヒトミは、この世から消えてしまいたいと思っていた。
ある日、異世界ガイアに翼の神として召喚されたヒトミは、《エスカフローネ》と呼ばれる人型兵器の中に現れ、レジスタンスの一員で竜族最後の王である若者バァンと出会う。
最初は異世界にとまどうが、彼の中にある孤独を自分に重ねつつ、一緒にいることを決めるが・・・。



人気テレビシリーズの劇場版で、日韓米共同製作の大作だとか。
なんだかなぁ。予備知識を何も持たずに観たんですが、お話も作画も・・・。
はっきりいって、今までのアニメのいろんな所をつまみ食いって感じで、あまりピンときませんでした。原作を読めば、世界観などが凝ってるんでしょうけど。

■満足度: ★☆☆☆☆
■鑑賞日: 2000.8.27
■映画館: ワーナー広島(2)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年07月29日

親指タイタニック/親指スターウォーズ

▼監督: スティーブ・オーデカー
▼出演: スティーブ・オーデカー 他
▼英題: Thumbtanic/Thumbwars
▼公式サイト: http://www.fujicreative.com/thumb/



昨年の作品のアンコール上映。
役者がすべて親指(足とかもいる)に目と口をCGでくっつけてる、おかしくて不気味な連中です。
ストーリーは、基本的にパロディなんですが、設定もお話もメチャクチャで、もう観ていてアタマ痛くなっちゃいました(^^;; でも、いい加減に作ってるようでもCGなどお金がかかってそうですし、おかしくて笑えました。
爆笑・・・っていうより、ニヤッ・・・って感じですけどね。

■満足度: ★☆☆☆☆
■鑑賞日: 2000.7.28
■映画館: サロンシネマ(1)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年07月21日

スチュアート・リトル

▼監督: ロブ・ミンコフ
▼出演: マイケル・J・フォックス(声)、ジョナサン・リップニッキー、ジーナ・デイビス 他
▼英題: Stuart Little
▼公式サイト: http://www.sonypictures.jp/archive/movie/stuartlittle/

ニューヨークに住むリトル・ファミリーはパパ、ママ、息子のジョージの3人家族。
もう一人家族がほしいと考えた夫妻は、孤児施設へ養子縁組を申し込む。
そして夫妻が選んだ男の子は、知性と愛嬌を併せ持つ一匹のネズミだった。
彼の名は「スチュアート」。そして彼を迎え入れた家には、
「スノーベル」というネコが飼われていた・・・。



ネズミを人物として描くCGは秀逸ですが、それよりもネコを絡めた展開が面白いです。
まるで実写版《トムとジェリー》ですね。
ネコ同士の会話も口の動きなどはモーフィング等を使ってるんでしょうけど、
アフレコのうまさと相まって最高です(特に終盤、公園でのスノーベル)。
お話は意外な部分はなく、単純明快で、楽しい作品でした。こんなファミリー、いいよね。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.7.20
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年07月16日

M:I-2

▼監督: ジョン・ウー
▼出演: トム・クルーズ、ダグレイ・スコット、サンディ・ニュートン 他
▼英題: M:I-2/Mission:Impossible 2
▼公式サイト: http://www.uipjapan.com/mi2/

人気映画《ミッション・インポッシブル》の続編。
アメリカ諜報部員、イーサン・ハントは休暇中に呼び出しを受け、女泥棒と協力して
『キメラ』を奪還するよう指令を受ける。
『キメラ』とは製薬会社が作ったウィルスで、この会社は自社製ワクチンを使って
利益を得ようとしていたが、持ち出した博士は殺され、テロリストの手に奪われていた。
元諜報部員でもあるテロリストたちに、立ち向かうアクション大作。



アクション映画としては、十分楽しめる映画だと思います。
格闘シーンは及第点ですが、四輪やバイクによるカーアクションも含めて、見応えある作品です。
前作に引き続き、衛星まで使う大がかりな活動や変装も健在です。
また、イーサンの作戦が敵に見抜かれていたという設定は、緊張感を生んで良かったと思います。
ただ、ストーリーとしては大したことなかったかな。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.7.15
■映画館: ワーナー広島(4)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年07月14日

レインディア・ゲーム

▼監督: ジョン・フランケンハイマー
▼出演: ベン・アフレック、ゲイリー・シニーズ、シャリーズ・セロン 他
▼英題: Reindeer Games
▼公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/reindeergames/

ルーディとニックは刑務所で知り合った親友。ニックはアシュリーという美人と文通をしている。
彼らはもうすぐ出所の予定で、ニックはアシュリーと会える日を楽しみにしていた。だが、ニックは殺されてしまう。
出所当日、寒空の下でニックを待ち続けるアシュリーを見て、ルーディはニックと偽り、彼女と関係する。
だが、彼女にはカジノ強盗を企てるトラック運転手の兄、ガブリエルがいたのだった・・・。



はっきり言って「なんじゃ、そりゃ。」な展開。無理矢理強盗に協力させられるまでは理解できますが。
アシュリーの立場が2転3転するのが狙いなんでしょうけど、最後の展開は何?
じゃぁ、死にそうになってまでルーディを助けようとしたのは?行動に整合性がないじゃん。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.7.13
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年07月06日

グラディエーター

▼監督: リドリー・スコット
▼出演: ラッセル・クロウ、ホアキン・フェニックス、コニー・ニールセン 他
▼英題: Gladiator
▼公式サイト: http://www.uipjapan.com/gladiator/

ローマ帝国の将軍マキシマスは先帝に忠誠を尽くすために先帝を殺した皇太子に背き、処刑に処される。
が、近衛兵を倒して逃げ延びた彼は奴隷商人に連れられ、連座して殺された家族の復讐のために
奴隷闘技士《グラディエーター》として新皇帝の前に現れる。
民衆を味方にしたマキシマスは果たして・・・。



いきなり始まる迫力の戦争シーン。そして闘技士としての殺し合い。泥と血にまみれたシーンが連続するのですが、
合間に新皇帝の姉に対する偏愛がアクセントになっています。
ストーリーとしては勧善懲悪なので感情移入しやすく、わかりやすい物語でした。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.7.5
■映画館: ワーナー広島(1)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年06月27日

ミッション・トゥ・マーズ

▼監督: ブライアン・デ・パルマ
▼出演: ゲイリー・シニーズ 他
▼英題: Mission to Mars
▼公式サイト: http://www.movies.co.jp/mars/

人類はついに火星に降り立つことになった、近未来の物語。
第1陣が火星で消息を絶った。救出ミッションとして第2陣が火星に向かい、
トラブルで船とキャプテンを失うが、無事に火星にたどり着く。
生存者と合流し、彼らが見つけた巨大な顔と奇妙な音の謎に挑む。



SF巨編かと思っていたら、肩すかしを食らった気分です。
真っ先に思い起こされるのが『宇宙戦艦ヤマト 完結編』かな?

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.6.26
■映画館: ワーナー広島(4)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年06月21日

千里眼

▼監督: 麻生 学
▼出演: 水野美樹、黒木 瞳、柳葉俊郎 他
▼公式サイト: http://www.toei.co.jp/movie/senrigan/

謎のテロ組織《緑の猿》。事件を起こした後実行犯は頭部を銃で撃ち抜く。
彼らが起こした米軍ミサイル発射事件を寸前で食い止めたカウンセラーと、
彼女を師事するF-15パイロット。度重なるテロ事件に立ち向かう彼女たちの運命は?



心理学をテーマにしたこの作品はいろいろなパターンを想定して様々な人間の心理を解明していく
展開が面白かったです。「ホントかな?」と思うこともありますけど。
でもあのアクションシーンは意表をついてガッカリでした。まぁ、下の「ロミオ・・・」を観た
直後だからっていうのもありますが。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.6.20
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年06月17日

ロミオ・マスト・ダイ

▼監督: アンジェイ・バートコウィアク
▼出演: ジェット・リー(リー・リンチェイ)、アリーヤ 他
▼英題: Romeo Must Die
▼公式サイト: http://www.warnerbros.co.jp/movie/romeo/

港湾利権をめぐって抗争を続けるチャイナマフィアと黒人ギャング。
弟が殺されたと知った服役中の元刑事ハンは、すぐさま脱獄し、復讐を果たすべく奔走する。
捜査の途中でふと知り合った女性は、敵対するギャング団のボスの愛娘だった。
二人は抗争と組織内の裏切りの渦中に巻き込まれつつ、お互い惹かれつつ・・・のありがちな物語。



主役のジェット・リーのアクションと、あの「マトリックス」のSFX技術が合体した
本格カンフーアクションでした。物語の展開は意表をつくものではなくて、わかりやすかったです。
やはりこの作品の眼目はジェット・リーのアクション。リー・リンチェイかっこいい!
手近にあるものを臨機応変に武器にしていくスピード感あふれるアクションシーンは圧巻でした。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.6.16
■映画館: ワーナー広島(7)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年05月30日

スティグマータ 聖痕

▼監督: ルパート・ウェインライト
▼出演: パトリシア・アークェット、ガブリエル・バーン 他
▼英題: Stigmata
▼公式サイト: http://www.uipjapan.com/stigmata/

実際に世界各地で報告されている《聖痕》現象を題材にバチカンと神との溝を描く。
バチカンの神父で世界各地の奇跡を科学的に解明する科学者でもあるアンドリューは、
亡くなった神父のロザリオを手にしたために聖痕現象に襲われる美容師を救うことを決心する。



実際に起こっている現象を扱っているので、自然とリアリティのある物語になっています。
神・・・の仕業ではなく、信仰深い神父の霊によるものだというのも、受け入れやすい展開です。
でも実際の現象についての説明はないので、ちょっと消化不良ですね。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.5.29
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年05月27日

ピンチランナー

▼監督: 那須博之
▼出演: モーニング娘。 他
▼公式サイト: http://www.pinch-runner.com/

話題の『モーニング娘。』主演の映画。
ある女子校を舞台。たった一人で頑張る陸上部が仲間を増やし、ついに駅伝大会に出場する物語。



この作品、モー娘。のファンはそれなりに楽しめるでしょうね。

■満足度: ☆☆☆☆☆(評価なし)
■鑑賞日: 2000.5.26
■映画館: ワーナー広島(1)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年05月19日

アナザヘヴン

▼監督: 飯田譲治
▼出演: 江口洋介、市川美和子、原田芳雄、柏原 崇 他
▼公式サイト: http://www.another-heaven.com/

江口洋介主演のホラー映画。同名のテレビドラマがあるみたいですが、興味ないので不明。
人間の脳に寄生し、宿り木を操って連続殺人をする得体の知れない物体に立ち向かう刑事たち。



それほど怖いシーンもなく、気持ち悪いシーンも大したことなく、意外性もなく、
リアリティもなく・・・そんな映画です。
でも展開は小気味良くて、いつの間にか見入ってる自分がいるんですけどね。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.5.18
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年05月15日

アンドリューNDR114

▼監督: クリス・コロンバス
▼出演: ロビン・ウィリアムス、エンベス・デイビッツ 他
▼英題: Bicentennial Man
▼公式サイト: http://www.spe.co.jp/movie/andrew/

今日は、《泣き》に行きました。予告編で泣きそうになりましたからね、この作品。
マーティン家に召使いロボットとしてやってきたNDR114。彼はロボットとしては不完全・・・
・・・感情や感性を持ってしまったアンドロイド。アンドリューと名付けられた彼は、
この一家と共に歩みながら進化(アップグレード)を続け、ついに人間として死んでゆく。



観て良かったです。久しぶりに大泣きました。マーティン家の末娘リトル・ミスとの
心のつながりから持つはずのない感情を持ち、彼女の成長〜死を見守る。
さらに彼女にそっくりな孫娘ポーシャに心を寄せる自分に正直になるため、改造によって
人間に近づこうとする。その姿に心を打たれました。
これほど純粋に、人を愛していたい・・・我が身を振り返って寂しくもなりましたけどね。

■満足度: ★★★★★
■鑑賞日: 2000.5.14
■映画館: ワーナー広島(4)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年05月10日

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者

▼監督: こだま兼嗣
▼出演: 高山みなみ、山崎和佳奈、神谷 明 他
▼公式サイト: http://www.toho.co.jp/movie-press/konan/

悪の組織に薬で子供にされた(性格には殺し損なった)高校生名探偵江戸川コナンが、
今日も謎を解き明かす。
ある捜査に従事していた刑事が続けて射殺された。知り合いの刑事(最後のターゲット)が
目の前で殺されかけ、ショックで記憶を失くしてしまうヒロイン毛利蘭。
そして、顔を見られた犯人が、今度は蘭を狙い始めた・・・。



転職探しで無職のくせに、職安帰りに寄ってしまいました。だって、観たかったんだもん。
思わせぶりな物語の割に、意外性はありませんでしたが(子供向けですから)、スピード感のある展開で楽しく観ることが出来ました。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.5.9
■映画館: 広島宝塚(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年04月30日

アメリカン・ビューティー

▼監督: サム・メンデス
▼出演: ケビン・スペイシー、アネット・ベニング 他
▼英題: American Beauty
▼公式サイト: http://www.uipjapan.com/americanbeauty/

全米映画評論家絶賛の映画です。
家族関係がうまくいってない中年男が娘の友達への恋をきっかけに豹変し、
それを取り巻く人々が振り回される模様を描く物語。



そんなに盛り上がるでもなく、そんなに中だるみするでもなく・・・
日常どこにでもあるようで何か違う・・・驚かないが意表をつく・・・そんな展開でした。
結構笑えるところが多く、面白かったのですが、奥が深い物語で、
単純な私にはよくわからない部分もあったような。

■満足度: ★★★★☆
■鑑賞日: 2000.4.29
■映画館: ワーナー広島(1)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000

2000年04月23日

ボーン・コレクター

▼監督: フィリップ・ノイス
▼出演: デンゼル・ワシントン、アンジェリーナ・ジョリー 他
▼英題: The Bone Collector
▼公式サイト: http://www.spe.co.jp/movie/bonecollector/

全身不随の元鑑識捜査官が、頭脳と設備、そして才能のある部下を得て、連続殺人事件に挑む。



人の殺し方に特徴がある映画です。ただ、最後の展開にはちょっとガッカリしました。
意外な犯人ではあるものの、その理由と実際の犯行との関連がわかりませんでした。
クリスマス・パーティーでのエンディングは、ちょっと意表をつきましたね。
病室に見舞いに来るパターンを想像してました(^^;;

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.4.22
■映画館: ワーナー広島(5)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000