2000年07月14日

レインディア・ゲーム

▼監督: ジョン・フランケンハイマー
▼出演: ベン・アフレック、ゲイリー・シニーズ、シャリーズ・セロン 他
▼英題: Reindeer Games
▼公式サイト: http://www.shochiku.co.jp/reindeergames/

ルーディとニックは刑務所で知り合った親友。ニックはアシュリーという美人と文通をしている。
彼らはもうすぐ出所の予定で、ニックはアシュリーと会える日を楽しみにしていた。だが、ニックは殺されてしまう。
出所当日、寒空の下でニックを待ち続けるアシュリーを見て、ルーディはニックと偽り、彼女と関係する。
だが、彼女にはカジノ強盗を企てるトラック運転手の兄、ガブリエルがいたのだった・・・。



はっきり言って「なんじゃ、そりゃ。」な展開。無理矢理強盗に協力させられるまでは理解できますが。
アシュリーの立場が2転3転するのが狙いなんでしょうけど、最後の展開は何?
じゃぁ、死にそうになってまでルーディを助けようとしたのは?行動に整合性がないじゃん。

■満足度: ★★★☆☆
■鑑賞日: 2000.7.13
■映画館: ワーナー広島(3)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック