2000年05月15日

アンドリューNDR114

▼監督: クリス・コロンバス
▼出演: ロビン・ウィリアムス、エンベス・デイビッツ 他
▼英題: Bicentennial Man
▼公式サイト: http://www.spe.co.jp/movie/andrew/

今日は、《泣き》に行きました。予告編で泣きそうになりましたからね、この作品。
マーティン家に召使いロボットとしてやってきたNDR114。彼はロボットとしては不完全・・・
・・・感情や感性を持ってしまったアンドロイド。アンドリューと名付けられた彼は、
この一家と共に歩みながら進化(アップグレード)を続け、ついに人間として死んでゆく。



観て良かったです。久しぶりに大泣きました。マーティン家の末娘リトル・ミスとの
心のつながりから持つはずのない感情を持ち、彼女の成長〜死を見守る。
さらに彼女にそっくりな孫娘ポーシャに心を寄せる自分に正直になるため、改造によって
人間に近づこうとする。その姿に心を打たれました。
これほど純粋に、人を愛していたい・・・我が身を振り返って寂しくもなりましたけどね。

■満足度: ★★★★★
■鑑賞日: 2000.5.14
■映画館: ワーナー広島(4)
posted by ばりさく at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン2000
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/243382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック